スキンタッグの原因と治療法≪画像あり≫

スキンダッグ知っていますか?

スキンダッグ、初めて聞く人も多いかもしれませんね。
スキンダックとは皮膚疾患です。と言っても、脂漏性角化症という皮膚疾患の中のひとつの病気ということになります。
脂漏性角化症という皮膚疾患もはじめて聞いたという人がいるかもしれませんが、まさにそう。
病気の当事者でないと、聞きなれないですよね。

 

とはいっても、ある程度年齢を重ねたら多くの人がこのスキンダッグや、脂漏性角化症にはなりやすくなるので知っておくと対処もしやすいでしょう。
もし、自分がスキンダッグや脂漏性角化症にならなかったとしても、同じような年齢の友達や同僚がなってしまうことも多いにあります。
また、男女関係なく発症するので、配偶者がスキンダッグや脂漏性角化症に悩むということもあるかもしれません。
そんなときに、ある程度知識があると治療についてだったり、悩みについてもアドバイスが可能です。
皮膚疾患は、内臓系の病気と比べて、「またでいいや」と思って、治療するのが遅れがちになりやすいとも言われています。
ある程度、情報が自分の中にあると治療が遅れることでどのようなデメリットがあるのか?分かります。
様々な方向から見ても、スキンダッグや脂漏性角化症について知っているのと知らないのとではかなり違います。

スキンダッグを知る前に脂漏性角化症を知ろう!

スキンダッグと言えば、脂漏性角化症という皮膚疾患の中のひとつということになります。
脂漏性角化症を知ると、スキンダッグのことも理解しやすいでしょう。
脂漏性角化症は、いわゆる老人性イボと呼ばれるもので、多くの疾患がこの中に含まれます。
皮膚症状だけを見ると、この病気とこの病気って全く違う気がするのに同じ病気?なんて疑問も出てくるくらいです。

 

脂漏性角化症とは?

加齢に伴ってできるイボを主な症状とする皮膚疾患です。
顔の側面にできるシミ状のものを見たことがあると思います。40代頃からできはじめ、60代70代を年代が上がるにつれて誰しもできてしまうものです。
80代以上は100%とも言われています。
このような病変ばかりでなく、首や肩の辺りに黒っぽくぶら下がった小さなイボ、これらをスキンダッグやアクロコルドンと呼びます。
何だか病気の名前ではないみたいだ・・・そう思ってしまいますよね。
実は私も最初聞いたときはそのように思いました。
ただ、この病気で救われるのが悪性ではないという点です。
もし、この病気を疑って病院へ行った際に、もしも悪性が疑われるようだったら病理検査が実施されます。
悪性であるということ、それが脂漏性角化症ではないということなのです。

スキンダッグの原因

スキンダッグの原因について、スキンダッグができている人いわゆる患者さんを見ると分かるように、加齢が主な原因となります。
ですから、40代ころから少しずつスキンダッグができはじめるということが分かっています。
自分はまだ20代後半だ、30代前半だ、と思っていて大丈夫と思っていても、若い年齢層の人でもスキンダッグができることがあります。
一般的に言われる40代というのは、ホントに一般論であってすべての人に当てはまるというわけではありません。
やはり、イボのできやすい体質(遺伝的要素だと言われている)ですと、若くしてスキンダッグに悩まされるという人もいます。
特に、色白の若い女性では悩みが深刻だったりします。
何だかおかしいと思ったら、すぐに病院で診てもらうのもいいでしょう。

 

若い年齢層の人でも、親や年上の兄弟がスキンダッグに悩まされていたとなれば、やはり体質的に早期にスキンダッグができてしまう可能性があります。
注意深くいることにこしたことはありません。

 

その他でも、紫外線が関係していると言われています。
紫外線を浴びても、ターンオーバーをしていた肌が加齢と共にターンオーバーも遅くなったり乱れたりすることによって、肌の表面にスキンダッグができてしまうということもあります。

もっと詳しくなろう!

スキンタッグに悩んでいる方の治療方法って気になりますよね?
どういう方法でみなさんが治療しているのか、ちょっと覗き見してみましょう!

 

治療方法

治療 パート1

 

治療 パート2

 

予防方法

治療が必要になる前にどうにかしたい!
しっかり予防したい方はこちらで予防方法を確認しましょう!
予防方法

参照リンク